そこは彼となし

日記のようなもの

I am in Tokyo!

 

東京の国立科学博物館で開催されている深海展へ行ってきた。

 

 

 

入口がわくわくする。やばい。

 

 

初めは水深ごとの生物展示。

初端から標本の展示の数の多さに驚いた。図鑑で見ていた生き物が今、目の前にいるぞ!!

 

撮影禁止だった動画が本当に傑作。生きた姿を見ることができて、しかもそれが高画質で詳細まで見ることができるのは本当にすごい。百見の価値在り。

 

 

 

標本にすると本来の色彩も褪せてしまって、繊維が脆いところは落ちていってしまうけれど、残っている部分は本当に綺麗だった。生きた姿で見ることができたら、もっと綺麗な姿をしているんだろうなあと思いながら見ていた。

 

 

 

 

ふぁぁぁ、こんなに見れるとは思わなかったよ、すげえ!!!

 

 

ウミユリとか見てみたいなあって本を見ながらずっと思っていたりしたんだ。それが目の前にいるんだ、すげえ。

 

 

 

そして私は何よりもずっと見たかった子がいた。

 

 

かわいい(ちょーかわいい)

 

もはや深海のアイドルだよね、君はね。かわいすぎるよなそのフォルム。

深海でこんな子に出会ったら惚れてしまうよ、図鑑で惚れてしまったのに。かわいい。

もう手足が何とも言えないかわいさで控えにちょこっと付いているのにこの体の形を持ってくるあたり、クマナマコ最高だと思う。まじかわいい。

 

こんな姿をして日々、深海底をお掃除している姿とかほんと何とも言えない。かわいい。

 

 

 

ミツクリザメぇ...

捕食動画もスローモーションでしっかり見ることができ、もうお腹がいっぱい。

 

ギンザメは好きな深海生物のひとつで展示されていたのを見たときは思わず「まじか...」とつぶやいてしまった。形が本当に綺麗。

 

撮りたかった中にヨロイザメという子がいて、その子は皮膚が名前の通りヨロイのようで、細かくて綺麗な黒っぽい感じが印象的だった。

 

 

 

 

オンデンザメも見れた。(号泣)

一度でいいから泳いでいるところを生で見たい。

 

 

 

生物の展示だけではなく、地球や宇宙の話,地殻変動,海洋の探査の技術や探査機,深海底の資源などの展示もあり、情報が多岐に渡り豊富でとても面白かった。

 

 

 

 

美術館もあった。動物園と美術館と博物館が揃っているなんて上野すごいな。さらに公園やカフェなんかもあった。一日上野散策でもめっちゃ楽しめる。すごい。

 

 

 

 

東京へひとりでは初めてだったので、少し不安ではあったけれど(人の多さを除けば)あまり問題なくふらふらできるみたいだ。

 

一見雑然として見えるんだけれど、よく見ると整頓され一つの規律があるような動きをしているように東京の街は見えた。

京都はカオスな感じがあるのだけども、カオス感がない。

街全体が慌ただしさを含みつつも落ち着いている感じだった。

 

何かの小説に、東京の街の無機質さに不思議と懐古的な感情を持つ主人公の話があったような気がして、そんな感じなのかなあなどと思ったりした。