そこは彼となし

日記のようなもの

39!

 

遠くからでも見ていてくれてありがとう。

 

さようなら、父ちゃん。