そこは彼となし

日記のようなもの

Schatten der Wendel wird Licht.

微分にやっと少しだけ手をつけ始めることができた。勉強体力が受験勉強をしていた時に比べると愕然落ちているので、もう一度つけなおさないといけない。とは言っても、興味の赴く方向性を整えればそれ程時間がかからないような気もしている。そこらへんは楽観的に行こう。

 

それより、微分、ものすごいことなのではとやっていて思った。微分自体はニュートンが生み出し、ライプニッツが確立させたという感じのところだけどこかで読んだことがあるけれど、そのあたりもしっかり読んでみたい。

ああ、そうなると相対性理論の成り立ちあたりを読んで見たらいいかもしれないな、などと胸が躍る。ほかのどこかで、曲面の曲がり具合も微分で出すことができるらしいことを見たことがある。「曲面がそこにあるとすれば、その面の曲がり具合を知りたいと思うのは必然である」みたいなことが書かれていて笑った。確かに、めっちゃ知りたい。

 

複素数微積をやった後、念願の複素解析の勉強に進めるらしい。早く進みたい。