そこは彼となし

日記のようなもの

最近、自分の内をしっかりと言葉にできることがほんとうにすごいなあと周りの人の文章に触れて思う。

最近ではないか、ずっと前からそうだったかもしれない。


思考と生活がいつも地に足つかずな感覚になってしまうのは、適切な言葉をまだ見つけられていないからなのだと思う。

でも今この感覚、おそらくもう直ぐ見つけられそうなのかもしれない。