そこは彼となし

日記のようなもの

Recently

最近、今しんでは少し困るなと思うことが多くなってきた。

孤独についての認識も変わってきている。それは死ぬことにつながっており、生きることにもつながっている。

焦らず、待たねばいけない時があるのだと思った。