そこは彼となし

日記のようなもの

参走

父の四十九日も終わり、彼女さんのお見舞いにも行くことができ、一段落着いた。 彼女さんのお見舞いはとても複雑な心境で、ずっとできれば行きたくないなあと思っていた。それでも行かなければいけなかったので、行った。 ひどい事故であったので、姿はとて…

今日は帰省土産でも買いに行こうかと思ったいたけれど、体が重いので籠城している。明日は否が応でも外に出なければいけないのでよしとしよう。 お腹は空くしご飯は食べたいけれど、食べると気持ちが悪くなって食べれない。ちょっとした、クッキーだとかアイ…

文体など

文体が気になっている。 一番心地よいと思うのは芥川龍之介の『杜子春』、そして小川洋子さんの文体。言葉のリズムが心地よくて、何か、やさしく温かいものを纏うような感覚になる。漱石先生の文体も好きだ。先のお二人とは異なって先生の文体は哀しさと少し…

雨波

標高の高い山に囲まれた場所で過ごしていたので、こんな風に雨風が強く叩きつけ吹きつけしているのがとても新鮮な感覚だった。ずぶ濡れになって公園で遊んでいたことが記憶にあって、それを思い出すと思わず外へ駆け出したくなってしまう。抑えていま、布団…

猫とクジラ 三.

猫は窓にあたる雨音に耳を澄まして、目を閉じている。 クジラは薄暗い水の中、身を波に預け、ゆっくりと目を閉じた。 暗く静かで心地良い。 こんな日もけっこう好きだなあと思った。

39!

遠くからでも見ていてくれてありがとう。 さようなら、父ちゃん。

朝焼けへと星屑を脱いで

最近は音楽に助けられていることが多いかもしれない。気分が乗せやすいので重宝している。 以前、冒頭を少し読んで感動のあまり積読行きになってしまっていた本を読み始めている。 数学の学び方・教え方 (岩波新書 青版 822) 作者: 遠山啓 出版社/メーカー: …

また体重が減っていた。これは今までにない減りだ。少し感動している() 腹は減るのでご飯を食べ始めると、戻しそうになって食べるのを止める。気持ち悪さを感じながらご飯を食べるのも何だかなと思うので、結局、無理に押し込めるか食べないかで終わる。 縋…

夕立はどこ

午前 時々やってくる、誰でもいいから縋りたい気持ちをどう落ち着けようかと、考えたいた。外に出ることをあまり好まないのは、誰かといる人たちを見て楽しそうだなと思うことを無くす為であるように思える。独りを何より欲していながら、誰かといることも欲…

猫とクジラ 二.

ずっと空を見ていた。 と、猫が言った。

フィボナッチやばい

フィボナッチやばそう ツイッターでやれよって話 - 彼は誰烏 フィボナッチ数列に4月9日に初めて出会い、本日、実に113日目にして再会を果たしました。お久しぶりです、こんにちは。 今日は一乗寺方面へ行って微分を進めてきた。 京都造形大学が近いためか、…

猫とクジラ 一.

真っ暗な世界こそ、光が溢れるんだよ。 とクジラが言った。

蝉時雨の落ちる頃

八月は何となく心を落ち着けて物事に専心できる月になるような気がする。 あえて自分の苦手なことに突っ込んでその後、気分が沈み込むということが比較的多いので、もうそんな無理せず、できることをやっていこう。何よりも自分が楽しんでいることが大事であ…

Schatten der Wendel wird Licht.

微分にやっと少しだけ手をつけ始めることができた。勉強体力が受験勉強をしていた時に比べると愕然落ちているので、もう一度つけなおさないといけない。とは言っても、興味の赴く方向性を整えればそれ程時間がかからないような気もしている。そこらへんは楽…

何もする気が起きず、とりあえずやばい。海老蔵さんの「休みになった時に果たして私は正常でいられるのか?」の正常でいられていないver.って感じでやばい。 もうすぐ四十九日となる。 ずっと死に対して何も感じないのではないかという恐怖があったというの…

すいたいちゅう

相当精神が疲弊しちゃってる☆ という感じで諸々のやる気が出ない。 やばいやつだという感じはあるので、やらねばならぬことを絞ろうと思った。 よくふらふらと数学から歴史,古典などにふらふらと足を伸ばしたりするので、来月はそういうことを減らして数学…

家族という形で幸せであった時をほとんど覚えていない。 単純に幸せであった時間が少なかったということもあるが、辛い,悲しいなどの記憶の方がより印象的で、それを打ち消しているところもあるかもしれない。 写真を何枚か持ってきた。そういう時間は確か…

白菊

一般的な(私たちが触れることのある)人間の死というのは、自然から乖離していると感じていたのがここのところ更にそれを感じるようになった。 お葬式に参加している時間、これは儀式である、という意識が常にあって感情が阻まれていた。何故だか不思議と儀式…

小一時間程、勉強をして朝を始めるとこんなにも心地よいのだなと感じた。早起きをして勉強に取りかかれたのが久しぶりだった。 以前、自分の興味のある分野はどのような方面なのかを調べていた時に、解析基礎,物理数学あたりであるとわかった。そうなればそ…

何だかずっと父のことが頭に余韻のように残っている。そういうものだろうか。 帰りのバスに乗っている中で、散文について書かれている文章に出会った。バスに乗る前、近くの書店で寺田寅彦の随筆集を買おうかどうか、悩んでいた。丁度その散文についての文章…

カメラバックと

-午前 父から譲ってもらった(?)カメラバックを手入れした。 三月頃、父の家にいた間にカメラの話をよくしていてそこで皮のカメラバックもあったんやけどなと言っていたのが、家裏の物置の中に紛れていた。 かなり長い間放置されており、カー用品の中に潜って…

Tumblr で使用していたデザインが少し変わってしまったので、またこちらに戻ってきた。 父が亡くなってから何だか一日の区切りがないような日々を過ごしているような気がする。いつの間にか七月に入って、いつの間にか二週間以上経っている。 まだ死という状…

父の家の片付けをある程度済ませておくのと、諸々の手続きを終わらせるためにまた帰ってきた。 弟がLINEで疲れがとれないと言ってかなり元気が無い様子であったり、母の顔が疲れていたり、祖母の電話越しの声が弱々しくなっていたりして多々心配する。 父の…

雨の滴る窓際に

様々な手続きに時間がかかっている。住民票を京都へ移してしまったので、より進まなくなってしまった。書類が届くのを待っている状態が続いている。 少し疲れがたまってきて思考が滞ってきた。 感情も書類の手続きも忙しない。 弟は今夏に成人式があり、再度…

手帳に父への手紙とも言わない手紙を書いた。 ああ、やっておけばよかっただろうかと思い始めると色々なことがそうなってしまうので、もういいのだ。 父は父の季節に死んだ。 しかしながら、生きることに否定的であったことを、改めなくてはいけないと思った…

書き留めねばならないと、強迫めいた感情で記しておこう。 父がなくなった。 寝ていると、母から電話がかかってきた。疲れていて、何度か電話に出なかったようだが、出た。 出ると父がなくなったと言う。 不思議だった。 いまも不思議だが。 母は自分を責め…

最近、自分の内をしっかりと言葉にできることがほんとうにすごいなあと周りの人の文章に触れて思う。 最近ではないか、ずっと前からそうだったかもしれない。 思考と生活がいつも地に足つかずな感覚になってしまうのは、適切な言葉をまだ見つけられていない…

少しずつ生活が落ち着いてきた。 勉強面でかなりご無沙汰な分野(特にプログラミング)があるので、そこらにもまた手をつけていく。 いろいろと考えつつ、後々フリーランスのようなものになれればよいなあと思う。自分の学ぶ時間をしっかりと保つことができる…

Recently 最近、今しんでは少し困るなと思うことが多くなってきた。 生きることを考えてみると死ぬことの方が当たり前で生きることがとても不思議なもののように感じる。— mime (@crepus_) 2017年5月9日 引用:大切なことは生きていることであった。それがな…

圧倒的な出力不足 ふと、論文を定期的に書いてみようかなと思った。中々、今まで書き取ってきたことをまとめてメタ化させる行動に起こしないし、なんだかとてもものを書きたい気分になっていたので、自分に課してみようかなと思った。論文を書くのに適したソ…

crepuscularcrow: バイト探しであったり、先月からぼちぼち始めたバイトの交通費が思った以上に生活費を圧迫して底がつきそうであったので、前払いが可能か尋ねたところ、貸しましょうか、と言っていただいて、つなぐことができた。 5万あればいいですか?と…

いろいろなものがつながり始めて、あれも知りたいこれも知りたいとなっていて脳みそは忙しないがとてもたのしい。 最近は学ぶことについてまた自分の中で再定義されているようで、それは生きることにつながっているようだった。 生きるために学ぶ ということ…

バイト探しであったり、先月からぼちぼち始めたバイトの交通費が思った以上に生活費を圧迫して底がつきそうであったので、前払いが可能か尋ねたところ、貸しましょうか、と言っていただいて、つなぐことができた。 5万あればいいですか?と言われて、そんな…

昨日少し思いついたことがあり、英語ともうひとつかふたつ程度の言語を同時に勉強してみようかなと思った。 複数の言語を覚えてみようかなと思った。— mime (@crepus_) 2017年5月8日 数学でもそうであったように、比較できる分野があると類似や相違によって…

諸々

もう5月か。早いなあ。進捗度合を見ておこうと思い、以前のを遡ると数学が全く進んでいなかった。 全体的に金欠だったのがいけなかったなあ。お金がないと、ご飯を食べたくなくなる+外に出たくなくなる=動きたくないという感じで全てが停滞するのが4月全体に…

テスト でっかく飛んでた pic.twitter.com/72aq4zqJ5z— mime (@crepus_) 2017年3月23日

或る日

先日、同級生に6年ほどぶりに会ってきた。彼女の雰囲気は変わらず、元気でかわいらしくて、なんだかほっとした。当時親しくしていた人ともうほとんど連絡を取っていないので、こうして会えたことに本当にとても、不思議な気持ちだ。 昨日、駅のホームへ向か…

日記の類と備忘録を分けることにした。 一昨日から喉に違和感があり、昨日から痛みに変わって熱と頭痛,寒気が加わった。4月から6月あたりにかけては毎年、花粉症から扁桃炎になってしまう。 高3の時にやってからそれきり恒例化してしまってあまりよろしくな…

進捗目標

使用教材:マイベストよくわかる数学ⅠA 4月: 第1章 式と証明 第2章 複素数と方程式 第4章 三角関数 三角関数のグラフ迄 5月: 第4章 三角関数 三角関数応用から 第5章 指数関数・対数関数 第6章 微分法 6月: 第7章 積分法 第3章 図形と方程式 第1章 平面上ベク…

寒くて朝3時頃一度目が覚めて毛布にくるまってからまた寝るというのをこちらに来てから随分何度もやっている。たぶん途中暑くなって毛布を避けてしまうんだけども、朝は毛布がないと寒いので目がさめるのだと思う。どうにかできないかなこれ…。 二度寝三度寝…

窓から梅の花が見える。光が届いたときに溢れそうに色が鮮やかになるのがとてもきれい。最近は、100均に赴きカーテン素材を買ってカーテン作りをしていた。長さが足りていないのはご愛嬌。机を置く予定なのであえてそうした、ということで。本棚がない状態だ…

たくさんのものを得たい

京都に無事、引越終えたので、とりあえず1週間から1ヶ月程度にやりたいことを書き出しておく。 仕事を探すHTML/CSSを進めるプログラミング合宿参加環境構築を早急に写真用サイト試作広告試作広告モデルPDF化徒然なるままに徒然草量子力学に手を出す多次元空…

何を得ようかな

離れて暮らしている父の家に京都へ行くまでの1ヶ月ちょっと移ることになったので、その間にやりたいことを書き出しておこう。 田んぼと山しかない田舎なのでゆっくり学べる時間が取れそう。 運動不足解消のためにもぽつぽつ歩いて写真もたくさん撮りたいな。…

京都へ行くまで父の家に移ることになった。 母とはとことん性格も合わないらしい。 両親が高卒、家が貧乏、地方の田舎、などの条件で大学進学は厳しいというのを知って、実感した。 阿部彩さんの貧困関連の著書を読んだ時にこれは無理だな、と確信した。 も…

進路を変えると決めてからここ1週間ちょっと、3年間ほど溜め込んでいたアニメを消化したりプログラミングに手をつけたり、繰り上がり繰り下がりについて進数から上手く面白い説明ができないかなど考えたりしていた。 まおゆうをずっと3話あたりから見ていな…